中古住宅かし保険

当店では中古住宅診断(既存住宅状況調査)と合わせて中古住宅かし保険の現場検査や申し込み手続きを行うことができます。

中古住宅かし保険は、建物の構造や防水等の隠れた瑕疵(かし)により生じた損害を保障する保険です。宅建業者が売主の場合、宅建業法上の瑕疵担保責任期間の義務に対して2年間の保証がつくことが一般的ですが、個人間売買の場合は現状有姿(保証無し)のケースが多く見られます。

保証の対象となる部分

  1. 構造   構造耐力上主要な部分(基礎、土台、床、梁、柱、壁、小屋組、屋根)が基本的な構造耐力上性能を満たさない場合
  2. 防水(雨漏り)  雨水の侵入を防止する部分が防水性能を満たさない場合
  3. 給排水管路   給排水管路が通常有すべき性能または機能を満たさない場合

保険の概要(個人間用・検査事業者コース)

  • 保険期間:お引渡し日から1年間または5年間
  • 保険金額:500万円または1,000万円 (※保険期間5年間の場合は1,000万円のみ)
  • 免責金額:5万円
  • 保険の対象となる部分: 標準・・構造、防水  特約・・給排水管路

保険手続きの流れ

①中古住宅かし保険の現場検査

②中古住宅の売買契約

③中古住宅かし保険のお申し込み

④保険料の支払い

⑤中古住宅かし保険の書類審査

⑥引渡し日の決定

⑦買主への保証書発行

⑧保険証券の発行

⑨引渡し

※現場検査において検査基準に適合しない場合は、再検査が必要となります。

※保険期間が引渡し日からの保険ですので、引渡し前までに手続きを完了する必要があります。お申込みから手続き完了まで2週間程度かかります。


中古住宅かし保険の利用をお考えの皆様。

相談は無料です。中古住宅かし保険の内容に関する質問等、

どのようなことでも結構です。まずはお気軽にご連絡下さい。

電話でのお問い合わせは

TEL 078-843-8917

営業時間9:00~18:00 担当:岡

メールでのお問い合わせは