木造耐震診断

中古戸建て住宅の耐震性に不安のある方には、オプションとして耐震診断を行っております。

耐震診断とは

 地盤、基礎、建物形状、老朽化、筋交い等の耐震要素の量や配置といった情報をもとに耐震性に対する評点を求め、安全性を判断します。評価は、現在建築基準法で定められている最低限の強さを1.0とした時の数値で表現します。例えば耐震診断の結果が0.6であれば、建築基準法で定める強さの6割しか無いということになります。また、命を守るために最低限必要な評点は0.7であると言われています。

耐震基準の法改正について

年代 基準名 主な改正内容
1981年(昭和56年)5月以前 旧耐震基準  
②1981年(昭和56年)6月~2000年(平成12年)5月 新耐震基準 必要な壁量が1.2~1.4倍に増加
③2000年(平成12年)6月~現在 2000年基準 筋交い金物や柱頭柱脚金物の設置、4分割法による配置バランスの検討

 木造住宅の耐震基準は、法改正により3つの区分に分けることができます。まずは、購入予定の木造戸建て住宅がどの区分の建物に該当するか確認して下さい、2000年(平成12年)5月以前の木造住宅は、耐震性能が不十分である可能性が高いと思われますので

耐震診断を受けてください。2000年(平成12年)5月以降の木造住宅でも、増改築がされていたり、シロアリの被害や雨漏り跡がある場合には耐震診断により安全性を確認することをお勧めします。

耐震診断<Aタイプ>

  • 2階建ての在来軸組工法で耐震性がどの程度あるかを現地調査に基づき診断します。補強案は作成しません。

耐震診断<Bタイプ>

  • 3階建てまでの在来軸組構法、枠組壁工法(ツーバイフォー)の耐震診断を一般診断法により行います。
  • 床下と小屋裏の調査が必須となります。建物に床下点検口、小屋裏点検口が必要です。
  • 耐震診断の結果、評点が1.0未満の場合は耐震補強案を作成します。

耐震診断報告書の見方

耐震診断報告書の総合評価は建物の構造評点により以下のような判定をします。

 

構造評点 判定
 1.5以上  倒壊しない
1.0以上~1.5未満 一応倒壊しない
0.7以上~1.0未満 倒壊する可能性があります
0.7未満 倒壊する可能性が高い

評点と地震被害の目安は下の表を参考にしてください。

 

評点 地震による被害
 0.4

震度5弱で小破、5強で大破、6弱で倒壊の可能性があります。

0.7 震度5弱で小破、5強で中破、6弱・6強で大破、7で倒壊の可能性があります。
1.0

震度5強で小破、6弱で中破、6強で大破、7で倒壊の可能性があります。

1.3 震度6弱で小破、6強で中破、7で大破の可能性があります。
  • 小破‥部分的なタイルの剥離、窓周辺のモルタルなどにひび割れ、瓦のずれや部分的落下
  • 中破‥外壁の脱落、窓・扉の開閉不具合、内装仕上げの剥離
  • 大破‥内外装の激しい脱落、窓・扉の損壊、余震による倒壊の可能性

出典:「木造住宅の耐震リフォーム 兵庫県版」パンフレットより


問い合わせ

木造戸建て住宅の耐震診断をお考えの皆様。相談は無料です。耐震診断の内容や補強工事についてご不明な点など、どのようなことでも結構です。まずはお気軽にご連絡下さい。

電話でのお問い合わせは

TEL 078-803-8753

営業時間9:00~18:00 担当:岡

メールでのお問い合わせは