中古マンション診断


マンションのインスペクションでは、柱や梁などの構造上主要な部材の劣化状況と屋根や外壁からの雨漏りの有無を調査します。

標準診断

項目 部位 内容
構造耐力上主要な部分 外部  外壁 ひび割れ、欠損、浮き
バルコニー 支持部材や床の著しいぐらつきやひび割れ
柱・梁

ひび割れ、欠損、柱の著しい傾斜

内部 傾斜の測定、ひび割れ、欠損
柱・梁 傾斜の測定、ひび割れ、欠損
壁・天井 ひび割れ、浮き、欠損、鉄筋の露出
点検口内 基礎 著しい蟻害や腐朽、ひび割れや劣化、鉄筋の露出

雨水の侵入を防止する部分

外部 屋根・ルーフバルコニー 著しい防水層のひび割れ、水切り金物等の不具合
外壁 シーリングの破断、建具の開閉不良
内部 雨漏りの跡
天井 雨漏りの跡
耐震性に関する書類の確認     確認済証、検査済証、確認台帳記載事項証明等の有無
コンクリートの圧縮強度     リバウンドハンマーにより圧縮強度を測定します。
鉄筋検査     鉄筋探査機にて鉄筋の本数と間隔を調査します。

床下点検口からの調査は見える範囲(約2m程度)の調査となります。

オプション診断

 

項目 内容
設備配管診断 給排水管の水漏れ、錆による赤水、換気ダクトの脱落について調査します。
中古住宅かし保険の調査・手続き 中古住宅かし保険の現地調査及び加入手続きを行います。
フラット35(中古住宅)適合証明書 物件検査を行い、適合証明書を発行します。

注意事項

  • 中古住宅診断を行うにあたり、持ち主の方から建物調査の承諾を得てください。
  • 標準診断は既存住宅状況調査方法基準(平成29年国土交通省告示第82号)に基づく調査となります。
  • 調査方法は、通常の歩行により目視可能な範囲とし、非破壊で実施します。床下や天井の点検口が無い場合や移動困難な家具により目視が出来ない場合等、状況によって調査出来ないことがあります。
  • 調査は現在の劣化事象の有無を診断するものですので調査完了後からの経年劣化が無いことの保証をするものではありません。
  • 調査は、対象住宅が建築基準法への適合性を診断するものではありません。
  • 調査は、断熱性等の性能を診断するものではありません。

中古マンションのインスペクション(住宅診断)をお考えの皆様。

相談は無料です。インスペクションの内容に関するご質問等、

どのようなことでも結構です。まずはお気軽にご連絡下さい。

電話でのお問い合わせは

TEL  078-843-8917

営業時間9:00~18:00 担当:岡

メールでのお問い合わせは